情報を発信するツール

IT技術の発展によりインターネットが広く普及して、今では当たり前のものになり必要不可欠の存在にまでなっています。インターネットがあれば買い物も出来るし遠くの人とも瞬時に連絡を取ることが出来るのでとても便利です。

また、インターネットが普及する前までは例えば政治家、芸能人など著名な人たちしか発言力はありませんでした。一般人は情報を受信する側であり、世間に何かを訴える手段というのに乏しい時代でもありました。しかし、インターネットのおかげでそうした一般人の発言力が増して、様々なツールを用いて自分の意見を発信することが多くなってきました。

2005年頃から流行り始めたのは個人のブログです。面白いブログというのはネット上の口コミで広がり、多くの人に読まれ発言力も増してきます。それから携帯電話で操作出来るミクシィが登場して一世風靡し、最近ではツイッターやフェイスブック、LINEなど意見を発信したり仲間同士でのコミュニケーションを取る場というのが増えてきています。

それぞれに特性がありますが、意見の発信となると一番向いているのはツイッターと言えます。これは拡散型なのでツイッターをやっている人たちがリツイートをしていくとどんどん繋がって広まっていきます。この機能を利用して、東日本大震災のときには被害状況などがどんどん拡散されていき救助に繋がったり必要な物資などの供給も手早く行われたりしました。

最近では大雪で被害が出た地域で市長がツイッター駆使して被害状況を確認して対処しなければならない場所に素早く手配をしたことに賞賛の声が上がっていました。そのほか、自分自身の仕事の情報発信として、いわば営業ツールとしてITを活用している人も少なくなりません。

今時代は、自宅で在宅業務をする人も増えてきました。スキルがあることで、環境を企業と定めなくても良いというわけです。もちろん、在宅での案件には仕事の内容に関する向き不向きなども大切になってきます。一つ在宅案件の仕事内容をご覧になると、分かりやすいと思います。

このように情報を発信するツールとしても、IT技術は大変役立つものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です